HOME > 園芸だより

園芸だより

過去の園芸だより一覧

2010年3月17日  ご家族で、みどりのカーテンを栽培してみませんか  平石 信太

もう暫くすると、今年も暑い夏がやってきます。
つる性の植物を窓に這わせて日差しを和らげ、室内の温度を下げる目的の「みどりのカーテン」をご家庭で栽培してみませんか。
みどりのカーテンのある部屋と無い部屋では、場所によって2℃から4℃室温が下がるといわれており、省エネに貢献します。
また、CO2削減による地球温暖化防止にも役立ちますし、時期になれば花や実を楽しむこともできます。

当社が管理している海田総合公園では、毎年遊具広場にみどりのカーテンを栽培して、来園者の皆さんに日陰を提供しています。
栽培方法は「続き」をご覧ください。
みどりのカーテン栽培方法
☆みどりのカーテンにする植物は、ゴーヤ、琉球アサガ
オ、ヘチマ、トケイソウ等です。
☆ゴーヤを栽培してみましょう。

◆種まき
 ・時期は3月中旬から5月中旬
 ・栽培用の土は、真砂土などに堆肥と油粕などをよく混ぜ合わせて使います
 ・小さな植木鉢などのポットに土を入れ、1鉢に3・4粒1p位の深さに植えます(種はホームセンター等で販売しています)
 ・土が乾かないように水をやりましょう
 ・暖かい地方の植物なので、25℃以下の時は暖かいところで管理しましょう
◆栽培場所
 ・日当たりと風通しの良い所にしましょう
 ・園芸用の支柱や竹等で枠を作り、15から20センチの目
の網を張ります
 ・栽培用の土は、真砂土などに苦土石灰、堆肥と油粕などをよく混ぜ合わせて使います
 ・プランターで栽培する場合は、30L以上の大きめのものを使いましょう
◆定植(植替え)
 ・種まきして1週間くらいで芽が出ますので、本葉が2〜4枚になったくらいで定植します
 ・苗は50p間隔くらいで植え、弦が伸びてきたらひもで留めます
 ・本葉が8枚程度になったら親弦の芽を摘んで、弦を横に繁殖させます。
◆水やり、追肥
 ・水やりは苗の間は土の表面が乾いたらやればよいですが、その後は毎日、特に梅雨明け後は、朝夕たっぷりやりましょう
 ・定植して1カ月頃から2週間に1回根元から離れたところに、鶏糞、牛糞等の追肥を適当にやります
◆受粉
 ・蜂などの虫が自然にしてくれますが、マンション等で虫が来ないところは、おしべをめしべに押しつけて受粉させます
◆収穫
 ・開花から2〜3週間で収穫できます
◆琉球アサガオ(オーシャンブルー)の栽培方法
 短日処理
 ・アサガオは暗い時間が一定時間以上の長さになると花芽を作る植物で、短日処理がしていないと秋まで花が咲きませんから、苗を購入するとき短日処理をしているかどうか確認してください

◆栽培方法
 ・栽培方法はゴーヤと同じです
◆繁殖
 ・琉球アサガオは種が取れませんので、切った弦を肥料分の無い土に挿し木します
 ・発根が確認できたら培養土のポットに植えかえて、越冬させてください

※各画像をクリックすると大きく表示されます。